【あひるのお宿】エバーリープトラジャヤ【プトラジャヤ訪問記録その4】

本日のお宿はエバーリープトラジャヤです。
The Everly Putrajaya
ショッピングモールのすぐ隣、という立地はなんだかんだ便利という事に気づいた最近。
今回の旅行もラマダン真っ最中で、臨時休業とかお酒とか、イスラムの施設には保険が必要って思っての選択。

↓ 前回の記憶 ↓
【本日のお宿】The Royal Chulan KL 【マレーシアスタイル】



チェックイン前に預けていた荷物を回収してお部屋へ。
ルームキーはこんな感じ。
ホテルキャラクターのあひるさんは館内至る所に登場します。かわええー。

ネットではなんでかツインのが安かったのでツインでとってたのですが、一人で利用する事を伝えたらダブルにしてくれました。ありがとうー。
1つが荷物置きになるより、断然広いベッドの方がいいですもんね。

お部屋からも湖。お向かいの市庁舎ビル群もプトラジャヤって感じします。

凝ってなくてもきちんとが嬉しいミニバーとか

排水とかもちゃんとしてました。新しくてキレイ。

苦手なレインシャワーのみ。水圧もイマイチではありましたが、想定範囲内。

かわいいんだけど使用感はイマイチだったアメニティ。シャンプー泡たたない。。。

プールとジムは地階(?)です。
ラマダンだったせいか、BGMがすんごくイスラームだったのがミスマッチで素敵、というかなんというか。
水着の女性は半袖のもじもじくんみたいでした。見ようによってはフードを被ったイルカトレーナーに見えなくもない。
暑くないのかなあ。そういう問題じゃないんだろうなあ。

ジムはホテル専門施設ではなく、一般開放(有料会員)されてる事もあって、小規模ながらメンテバッチリ。

宿泊者はホテルのルームキーで利用可能。
プール用のバスタオルもここで借りられます。

空気抜けたバランスボールとか、完全におもりはずれちゃったマシンとか、数の合わないダンベルとか、
コンドの無料ジムだとお約束ですが、さすがにしっかり揃ってました。しかも新しくてキレイ。

プールサイド、ジム通路脇にはジューススタンドが。。。あったけど撤去なのか、これからオープンなのか、冷蔵庫らしき存在は確認できるのですが、食器類とかが一切ない所を見ると現在営業はしていないようです。残念。

GFのNuevo Caféでおやつタイム。
ケーキやペストリーがいただけます。
ショーケースの奥には瓶ビールも発見!

カスタードチーズスフレ、的な名前の何かを頼んだのですが、下に薄くスフレというか、スポンジ層がありますが、ゆうたらプリンです。ハイ。
 たっぷりでおいしかったです。

50年代風モダン。配色もかわいいー。
明るくて静かで落ち着ける空間でした。

そのすぐ後ろにはタブレットが無料で使えるスペースがありました。
こちらも故障ナシ、しっかり使えるー!
wifiもさくさくなので取り立ててここで調べる物はなかったけど、みんなで調べものしたい時とかは便利かも。

夕食はショッピングモールの中で済ませようかなあと思っていたのですが、そして狙っていた訳ではないのですが、こちらのホテルにもラマダンビュッフェがありました。
フロントで確認するとすでに満席との事。
レストランで直接聞いてみて、と言われたのでダメモトで聞きに行ってみたらOKいただきました。
申込時にお会計済ませて、スタート時間を確認。
「19:20ぐらい、でもイスラムじゃない人は18:30でもいいよ」って
いや、そこは合わせるでしょう!

恐らくレストランスペースだけでは場所が足りないんですね。
お向かいの個室も全部開放した上で、もう通路に椅子とテーブル置いちゃってます。

ごちそう並んでる風景とか、ライブ演奏とか全然見えないけど。。。
飛び込みだししょーがない。お食事の内容は変わりないもんね。







お肉、シャワルマ、ちまきごはんと香草類、サラダ、アスパラガスのスープ、メロンのジュース!
香草とちまきをもぐもぐしていてふと思いました。
ナシケラブがおいしいのは、単純に私が茗荷好きってだけな事に、気づいたような、そればかりでもないような。。。

↓ 食べてみたナシケラブ ↓
【本日のランチ】アリだけどナシ。

デザートタイムです。


かき氷にピーナッツとかコーンとか。
夏祭り屋台のイチゴとレモンが定番だった世代にはちょっと不思議な気がするといえばするけれど、
そういえば台湾で食べたピーナッツのふわふわかき氷おいしかったなあ・・・

↓ 台湾の記憶 ↓
士林夜市1晩目 

とにかくココナツミルク的な物が好きっていう、そんなお皿。
ココナッツミルクにタピオカイン、ココナッツミルクに芋がイン。
カリカリクレープ、名称はアポンっていうらしいです。
こちら中身はクリームコーンでした。甘すぎず素朴なお味。

腹ごなしを済ませて夜の散策。
ホテル敷地からほぼ直結でショッピングモール、更に湖沿いの散策路へ出られます。


朝ごはんは夕食と同じ会場で。





真ん中洋ナシかな。ナイフとか何もないけど、どうやって食べるのかな。



窓側を陣取りいただきまーす。明るくて気持ちいいー。
夕食時の喧噪が嘘ってぐらい、静かで快適です。

写真を撮ってから改めてフルーツ取りに行ってたらドラゴンフルーツなくなっちゃってて、ノーチョイススイカ(赤と黄)。
ゴージャスではないけど、素敵コンディションで一通り揃ってるのが気持ちいい滞在でした。
スタッフさんも皆さん穏やかーでいい感じ。

気になるお値段はAgodaで166.45RM。クーポン利用で約4600円、朝食付き。
プトラジャヤはもう少し見たい物があったりなかったりなので、機会があればまたお邪魔しますー!


コメント